油正の酒 オンラインショップ 味噌・醤油 酒造り 蔵だより お知らせ 会社概要
油正の酒造り

abusyou_no_sakedukuri.png



kodawatta.gif



創業は1869年

sakedukuri_img.jpg油正は原料米や製法が異なるレギュラー酒から、最高級酒まで製造し、季節商品や容器別の商品を含めると約250種類を有しています。
また、醤油、味噌の醸造および直販のほか、自社ブランド以外の酒類や食料品の卸小売販売を行っています。
創業は1869年(明治2年)江戸時代に久居城下で店を構えていた「油屋」から屋号を引き継いだ酒造業「油正商店」にさかのぼります。
1930年(昭和5年)には油正醸造合名会社を設立して醤油・味噌の醸造を開始し、1957年(昭和32年)に株式会社へと変更しました。


愛されるふるさとの酒を

tukuri_01.jpg油正がある久居・一志地方は古くから醸造業が盛んで伊勢の酒所として知られています。久居台地から湧き出る布引山系雲出川の伏流水は酒造仕込み水に適しており、また豊穣な一志平野で収穫される粘りのある一志米は高精白に向く良質の酒造りに適していました。
 弊社では創業以来代々伝わる「伊勢仕込み技法」と但馬(兵庫)杜氏の卓越した技術と情熱により、地元の原材料にこだわり、「地酒は地元の人に愛されるふるさとの酒を」をモットーに味わいある酒造りに徹しています。

昔から伝承されるふるさとの逸品「初日」

「初日」は、昔から伝承されたふるさとの逸品として「飲むほどに土地の味がわかり、味わうほどに人々の人情が伝わる酒」であることを常に目指しています。
「初日」という銘柄は、伊勢の名所二見浦の夫婦岩から昇る紅に燃えた初日の出の雄大さと美しさになぞらえて命名されたと伝わっています。味はやや甘口で口当たりのよさから女性の方にもご好評を頂いております。日本酒としてはアルコール度数が高く、ご家庭でのくつろぎのお食事時間などにぴったりのお酒です。





 

 


 
油正 社長挨拶
会社概要
油正の酒造り